ED治療薬最後の砦レビトラとは!?

3つの目的を基にED改善に向けて立ち向かうサイト

前へ
次へ

勃起しない!?なぜ!?

あなたはまだ大丈夫ですか?

30代後半から勃起力がなくなってきた気がしていたら40代では性欲が減退し、 50代ではなかなか勃起しなくなった・・・まだまだ若いからとか、50代でも精力バリバリの方もおらえると思いますが、 加齢とともに確実に精力は衰えていきます。

日本の成人男性の4人に1人が満足な性行為を行えない、いわゆるEDを発症していると言われており、 6人に1人が40代でEDを発症すると言われております。

一番の原因は加齢による肉体の衰えがありますが、生活習慣病やストレスなどでのうつ病なども EDの原因となるため、若い頃よりEDを発症してしまうこともあります。

このサイトでは、EDを発症した人だけではなく、誰にでもなりうる病気としてEDを発症していない人にも EDについての知識、ED治療薬の役割を知ってもらうために作成をしました。

ED治療薬の役割

1998年にアメリカで登場したバイアグラ。

一躍世界に広まり、日本にも1999年認可され発売されました。

今まで存在していなかったED治療薬というカテゴリーを作り、生活改善薬として日本でも認知度が向上しました。

ED治療薬は勃起抑制酵素と呼ばれるPDE5酵素の働きを阻害することで、 ペニスに集まる血流を促進させ勃起へと導くお薬です。

しかし、クスリである以上リスクもあり、使用方法を誤ると効果を発揮しなかったり、 副作用を強く感じてしまうことがあります。

このサイトではED治療薬の使用方法や違いを紹介することで、少しでも安心・安全に使用できるように EDの知識向上を目的に作成しました。

レビトラの人気の秘密を知るために

ED治療薬の登場からもうすぐ20年となります。

現在までにこの期間の間にED治療薬の有効成分は4種類が発見、発売され、 日本では3種類の有効成分が認可をされています。

その中でバイアグラに次いで2番目に登場したED治療薬が「レビトラ」です。

発売当時はバイアグラの認知度が高く、日本の医療現場でもバイアグラの処方が多かったのですが、 現在はバイアグラの処方よりレビトラの処方のほうが多いとのことです。

なぜ、バイアグラからレビトラに変更していったのか!?その理由を他の認可されているED治療薬と一緒に 比較しながら検証していきたいと思います。

病院で服用されるお薬を知っておくことで、実際に使用することになった時に不安にならないようになりますね。

レビトラ(levitra)を通販で購入したい方は、ED治療薬を豊富に取り扱っている医薬品代行サービスがオススメです。

コンテンツ

ページのトップへ戻る