ED治療薬最後の砦レビトラとは!?

バイアグラとレビトラの比較

初めてのED治療薬

バイアグラは初めてのED治療薬として誕生したお薬です。

アメリカのファイザー社が1998年に開発し、日本には翌年の1999年に認可され発売を開始しました。

バイアグラの有効成分シルデナフィルは元々狭心症の治療薬として研究されましたが、 狭心症の治験段階で勃起を促す効果が発見され、その後ED治療薬として研究されたのが始まりでした。

バイアグラの有効成分シルデナフィルは他にも肺動脈性肺高血圧症の治療薬としてレバチオという名前で認可もされております。

現在日本のバイアグラは「25㎎」「50㎎」が認可されており、世界で認可されている「100㎎」は認可されておりません。

2014年に国内初となるバイアグラジェネリックも発売を開始したのですが、 一般的な20年という特許切れの前に特許満了となり話題となりました。

食事の影響が大きい?

バイアグラの有効成分シルデナフィルは油分にとても弱いため、食事の影響を受けやすいお薬です。

食事に含まれる脂肪分が胃や腸に残っていると、胃や腸の壁に油の膜を貼ってしまい、 油分の弱いバイアグラはその油膜を通過することができず、体内に吸収されないまま体外に排出されてしまいます。

そのためバイアグラを服用時は空腹でないと効果を発揮しません。

その点レビトラは食事の影響を受けにくいED治療薬となっており、少しの油分であれば体内に吸収することができます。

そのため、外出時にも使用しやすく使い勝手のよいのがレビトラとなります。

即効性と効果

バイアグラとレビトラはED治療薬の中では即効性があります。

バイアグラでは30分~1時間、レビトラは20分~1時間ほどで効果を発揮します。

作用時間はバイアグラで5時間ほど、レビトラは10㎎で5時間ほど、20㎎で10時間ほど作用します。

レビトラは他にも早漏改善効果も期待できますので、レビトラ20㎎を使用した場合、 バイアグラより即効性があり、作用時間も長く、早漏改善効果を期待できるため、 レビトラのほうがED改善へ使用しやすい治療薬といえるでしょう。

副作用はどちらも顔のほてりや目の充血など同じような副作用を感じます。

しかし、併用禁忌薬や病気などで服用できない方はレビトラのほうが多いため、 他の病気で治療中の方の場合はバイアグラのほうが服用できる可能性が高いかもしれません。

まとめ

レビトラとバイアグラでは、食事での影響や即効性、作用時間、早漏改善効果などレビトラのほうが勝っている感じがします。

しかし、併用禁忌薬や病歴での服用できない人がレビトラのほうが多いため、選ぶことになるかもしれません。

どちらも初めて使用する場合は専門医に相談したりするなどし自分に合った治療薬を選ぶようにしましょう。

コンテンツ

ページのトップへ戻る