ED治療薬最後の砦レビトラとは!?

レビトラってどんな効果?

レビトラの誕生

第二のED治療薬レビトラ

レビトラはバイアグラに次いで登場したED治療薬です。

アスピリンの開発で有名なドイツのバイエル製薬社が研究・開発を行い、日本には2004年に初登場しました。

発売当時、バイエル製薬社は有名俳優を使い、CMやポスターでEDの啓蒙活動を行いました。

それによりEDの認知度はさらに向上したと思います。

日本に登場してから10年以上経過したレビトラですが、今でもEDの第一線で活躍する治療薬であります。

レビトラの名前の由来はLEVITRAの英文でのLEがフランス語での男性定冠詞でVITRAが ラテン語で生命という意味を掛け合わせた造語となっており、男性の生命という意味になります。

パッケージには炎の挿絵があり、レビトラで男性の生命を着火させることができるという意味が込められております。

レビトラの有効成分

バルデナフィルの効果とは

レビトラの有効成分はバルデナフィルと呼ばれる物質で、バイアグラを上回る性能を持つ有効成分です。

他のED治療薬と同じく勃起抑制酵素であるPDE5を阻害する治療薬で、 ペニスにある海綿体平滑筋を弛緩させ多量の血液を受け取る準備をし勃起を促進します。

性的興奮を感じることでペニスへ血液が集まり勃起に誘います。

レビトラの有効成分バルデナフィルは水に溶けやすい性質をもっております。

そのため即効性があり30分ほどで効果を発揮します。

また、バイアグラの弱点であった食事の影響を受けにくのも特徴であっさりとした食事なら効果を発揮させることができます。

レビトラの種類には「5㎎」「10㎎」「20㎎」とあり、これはバルデナフィルの含量となり、 数字が大きいほど多くバルデナフィルを含んでおり、効果も強く作用します。

また、他のED治療薬にはない早漏改善効果もあります。

レビトラの服用方法

用法・用量を正しく守りましょう

レビトラを服用する場合は性行為の30分~1時間前に水またはぬるま湯で服用してください。

空腹時のほうが効果を発揮しやすいですが、あっさりとした食事なら問題ありませんので服用しやすいのがレビトラの特長です。

ED治療薬では一番の即効性を持ち、作用時間は含量により異なりますが5時間~10時間ほど作用します。

1回服用することで十分性行為を行える時間を持続します。

服用回数は1日1回とし、次回服用まで24時間以上の間隔を空けてください。

コンテンツ

ページのトップへ戻る