ED治療薬最後の砦レビトラとは!?

病院で処方?個人輸入?レビトラの購入について

薬機法

レビトラは医薬品となるため、薬機法という医薬品の法律に準じて使用しなければいけません。

薬機法での医薬品には種類があります。薬局の棚に並んでいおり 対面販売で購入することができる医薬品を一般用医薬品(OTC医薬品)と言います。

2009年の改正で成分のリスクの程度により第一類、第二類、第三類と別れており、販売方法も変わります。

一般用医薬品ではなく、医師の診断に基づいて処方される医薬品を医療用医薬品と言います。

主に処方箋医薬品となっており、薬理作用が強い薬剤や新しい医薬品などが該当します。

医療用医薬品の場合、ほとんどの薬剤が健康保険の適用となります。

日本で認可されているレビトラの場合は処方箋医薬品の扱いとなっておりますが、保険適用外の薬剤となります。

保険適用とされる薬価基準に未収載となっているためでレビトラを病院で処方される場合は自由診療となります。

病院で処方してもらう

一般的に日本でレビトラを処方する場合はほとんどが病院やクリニックで処方されることになります。

病院では問診やカウンセリングを行った後、問題がなければレビトラを処方してもらいます。

専門医に症状を診てもらうことができるため、安心して診察を受けることができます。

しかし、レビトラは自由診療となる医薬品となるため、保険適用できないため全額負担となります。

自由診療のため病院ごとにレビトラの価格が違うだけでなく、診察代も自由診療ですので レビトラの費用が大きな負担となってしまうことがあります。

また、通うための病院が近くにないこともあり、時間や交通費も掛かることがあるため、 安心に診察・通院できる病院を探すことがとても重要となります。

海外品を輸入する

海外品のレビトラを個人輸入することも可能です。薬機法では、 自分のために使用する目的であれば海外のお薬を個人輸入することができます。

そのため、日本では認可されていないレビトラジェネリックを購入することもでき、価格も安く購入することができます。

また、個人輸入代理サイトを介して購入すれば、通販感覚で自宅にいながら自宅までレビトラを購入することができるため手軽に購入することができます。

こちらも病院と同じくデメリットがあり、すべての医薬品を輸入することはできない(劇薬など成分により異なります)ことと、 輸入する上限数が決められていることなどがあります。

また、他人に譲渡したり販売することもできません。

海外品のため偽物などの不安もありますが、最近では正規保障をしていたり、メールで問い合わせできるサイトなどもあるので、 そのようなサイトを選ぶことを行いましょう。

上手に併用することが財布にもEDにも優しい

病院での処方でも海外品を個人輸入をするにも一長一短があります。

そのため、病院と海外品を上手に使用することが良いのではないでしょうか。

病院を利用するのも一つの病院だけではなく複数の病院で診察するセカンドオピニオンはあたりまえになってきております。

定期的に病院へ処方しながら、海外品を間で使用することで財布にもEDにも優しくなるのではないでしょうか。

コンテンツ

ページのトップへ戻る