ED治療薬最後の砦レビトラとは!?

豊富な種類のレビトラジェネリック

日本でのレビトラジェネリック

ジェネリック医薬品とは最初に有効成分と認可された新薬の特許が切れた後に販売される、同有効成分のお薬です。

この新薬の特許期間はおよそ20年間あり、これは新薬の開発・研究にかかる莫大の費用を 独占的に販売できる特許期間で回収できるように設けられた制度です。

特許が切れた後は各社がこぞって同成分であるジェネリック医薬品を発売するのですが、 発売までの研究費が新薬に比べ安く済むことから、お薬自体の価格も新薬より低く設定されるため患者さんにとって メリットの大きいお薬となります。

レビトラの場合。日本では2004年に発売を開始したため、まだ10年ちょっとしか経っていません。

そのため、日本製のレビトラのジェネリックはもう少し先になりそうです。

海外のレビトラジェネリック

海外のある国では、日本をはじめとする世界の主要の国と特許の考え方が違う国があります。

それが、インドです。

インドは成分特許を認めていないため、違う方法で製造すれば同じ有効成分の物質を使用してお薬を作っても問題ありません。

そのため、インドには発売開始されたばかりの世界のお薬のジェネリック医薬品が多数存在します。

他の国と特許が違うのはインドの人口が関係しております。

インドは世界第2位の人口を誇る国ですが、その分貧富の差も激しい現状があります。

そのため、貧しい人々にために少しでも安いジェネリック医薬品を届けるため成分特許が認められないと言われております。

今ではインド製ジェネリック医薬品はインド以外でもアフリカなどの貧しい国々にも行き渡っております。

そんなインドですが、レビトラにもジェネリック医薬品は存在します。

レビトラジェネリックはインドの各製薬会社で販売しており、さまざまな種類のレビトラジェネリックがあります。

その中には含量が「40㎎」や「60㎎」などの高いものも存在しております。

人気のレビトラジェネリック

まず、レビトラジェネリックで有名なのは「バリフ」ではないでしょうか。

インド最大の都市ムンバイに本社を持つアジャンタファーマ社が製造・販売しており、 心臓病や抗マラリア薬など多数の医薬品を製造する製薬会社です。

ED治療薬ではバイアグラやシアリスのジェネリック医薬品も手掛けており、 中でもバイアグラジェネリックであるカマグラのシリーズは有名です。

アジャンタファーマ社は独自の技術を持っており、お薬を錠剤から他のカタチにする技術を持っております。

中でもセリー状にすることで水なしに服用できるものがあり、バリフでも錠剤の他、バリフゼリーが存在します。

コンテンツ

ページのトップへ戻る