ED治療薬最後の砦レビトラとは!?

病院での処方割合

ED治療薬がない時代

ED治療薬がない時代、つまりバイアグラが日本に登場した1999年以前のED治療とはとても大変だったと思います。

今では、病院やクリニックへ行き問診やカウンセリングを行った後、ED治療薬を処方することで様子を見ることになります。

しかし、その経過を見ることができないため、病院へ行っても簡易検査を行うことしかできませんでした。

その簡易検査とは、AVを鑑賞したり、写真を見たりなど性的刺激を与えて反応を見るAVSS方や、 睡眠時の生理的勃起現象の反応を見るためにペニスに測定器を取り付け測定する夜間陰茎勃起現象測定などの アナログ的なことを中心に行っておりました。

現在でも器質性EDと心因性EDの違いなどをみるために行ったりもしますが、ほとんど行われなくなり、 ED治療薬で経過を見ていくことが多くなっております。

ED治療薬での改善率

ED治療薬でのED改善率はとても高く70%以上と言われています。

しかし、それぞれのED治療薬は人によって作用効果が若干異なるため、ED治療薬ごとにも変わります。

初めてED治療薬を使用する方や高齢者の方にはまずシアリスを処方することが多いそうです。

副作用が弱く、自然な勃起を体感しやすいこと、作用時間が長く服用しやすいことが理由となっております。

病院でのレビトラでの処方はレビトラ「20㎎」が改善効果が高いということから 最後の砦としてレビトラ「20㎎」を処方する病院が多いとのことです。

現在多く利用されているED治療薬

現在、病院やクリニックで処方されているED治療薬で多いのがレビトラとなっております。

レビトラ「20㎎」の効果が一番高いとの見方ですが、逆に言えば、 レビトラの処方が多いということはEDの重症度が以前より高くなっている証拠にもなります。

近年ではバイアグラのジェネリック医薬品も日本でも認可されたため、 薬剤の安いバイアグラジェネリックにも流れているとのことです。

ED治療薬と病気

ED治療薬は誰にでも使用できるものでもなく、使用したからといって必ずしもEDが治るものでもありません。

ED治療薬は根本を治療するものではありませんので、EDを重症化させない健康な身体を維持していくことが重要だと思います。

特に糖尿病などの生活習慣病はEDの併発率がとても高く生活習慣病が重症化してくると ED治療薬も徐々に効かなくなってしまいます。

コンテンツ

ページのトップへ戻る